オーブス訪問記

Home|シックハウス対策GSナチュレ|お問い合わせ|FAX注文|会社案内|通販法連絡先|リンク|お客様からの声|


[オーブス記憶水][夢水肌シリーズ][オーブスキャンペーン][飲料水][記憶水組成&製法][オーブスが考える眼の健康][腰痛][便秘]
[ペット用][記憶水お試し30ml][モニター結果][アトピー][美肌・美身体探求][花粉症][水でまかなわれる生体の生態活動][石けん]



5/22 (木) 長野県の白馬村にありますオーブス(株)を訪れて来ました。

新潟からは、北越道に乗って糸魚川で降り、国道148号線を約50km松本方面に向うとトンネルを抜けた所で突然白馬村現れ、まさにスキー場の麓にオーブスはありました。三条からは約3時間の道程でした。

天候は快晴、白馬の山が綺麗に見えていました。オーブスの建物はリゾート白馬にマッチングしたかわいい建物です。
写真は、オーブス裏から見える白馬岳と乗鞍岳。

オーブスでは、岸社長様以下社員4名全員の歓迎を受けました。午前は、社長様から、記憶水の開発経緯、化粧水飲料水の特長、質疑などを受けて頂きました。白馬の水は、日本で一番理想的である事が調べてわかっていたので、震災後思い切って白馬に移転したのだそうです。






 オーブス玄関方面より

 オーブス商品の並ぶ玄関

お昼は、白馬のネパール料理店でカレーの定食を戴きました。ナンに小麦食品用の記憶水が使われているそうで、非常においしくいただけました。店内には、ネパールの音楽が流れていて、インド系の追えないメロディが心に突き刺さります。

午後、岸社長様より、SARSの話と水のモデルに関してお話を戴きました。話の内容に関しては、不十分な再録で誤解を発生させてはいけませんので、メルマガ「素肌美人」を参考にください。
印象に残った所だけ紹介しますと、今、世界の水がどんどん悪くなっていっており、特に中国がひどい、日本は水がいいのでSARSが広がる事はないでしょうという事でした。先週ニュースステーションの解説の方が「日本で広がらないのが不思議で私たちの知らないない何かがかがあるのでしょうか?」と問い掛けていました。これが回答だと思います。





[オーブス記憶水][オーブスの新ブランド夢水肌シリーズ]


御注文、カタログ請求など御気軽に問い合わせ下さい。

Home