美肌・美身体探求、アロエと記憶水の関係

Home|GSナチュレ|問い合わせ|FAX注文|会社案内|通販法連絡先|リンク|お客様からの声|


[オーブス記憶水][夢水肌][飲料水][オーブスキャンペーン][記憶水組成&製法][オーブスが考える眼の健康][腰痛][便秘]
[アトピー][記憶水お試し30ml][モニター結果][オーブス訪問記][ペット用]
[水でまかなわれる生体の生態活動][石けん]


人の皮膚細胞 〜スキンケア〜

 健康な皮膚表皮は、外部より順に角質層、顆粒層、有辣層、基底層があり、基底層の円柱細胞がたえず細胞分裂し続けて新しい細胞をつくり、表面につぎつぎと押し上げている。新しい細胞が顆粒層に到達するのに2週間、角質層にとどまるのが2週間、合計4週間を経て「あか」になりはげ落ちている。表皮の奥では、真皮細胞や皮下組織細胞がヘモグロビンやアミノ酸により成分調整され、表皮の健康状態をささえている.

 化粧品類に多く含まれている界面活性剤(乳化剤)や保存料は表皮細胞にたまりやすく、さらに真皮細胞・皮下組織のアポクリン汗管や毛細血管細胞にも浸入し、細胞組織を酸性化させ衰えさせていくことになる。新しい化粧品を使用開始時に発生する肌のカサつきには(剥離した角質細胞)2種類ある。有練細胞や基底細胞の細胞運動が活発化され、新しい細胞が老化した角質細胞を押し上げ、剥がれていく状態の肌本来の活性化によるものと、老化が進んでいない角質層が酸性化され、無理に剥がされていく、肌に合っていない強い化粧品によるものとがある。前者は、自然な代謝によるものでカサつきのみであり、後者は、とリヒリと痛みをともなうものになる。

 健康な素肌をよみがえらせるには、まずは有辣細胞や基底細胞の活性化を促進させ、古い角質細胞を取り除くことにある。使用開始時に少々のカサつきがあっても、ある程度の細胞活性化が進み、皮膚細胞のローティションが整うと、美しい毎日の素肌が見られるようになる。

 皮膚の細胞運動が極端に弱っている場合において、細胞運動の活性化により細胞が動きだすときに発熱し、赤みをともなうことがある。このムズムズとした感覚をともなう赤みは、数日で細胞運動の安定と同時にひいてくる。

 化粧品を肌につけた直後に、「スベスベ」することは、細胞が水でうるおっている健康な肌本来の良い状態と、老化した角質層をも塗り込めてしまう、肌に負担をかけた状態のものがある。前者のものは、使用ごとに肌が活性化されていくので、使用を続ければ続けるほど美しい肌へと導いていかれる。後者のものは、使用当初スべスべ感があるが、肌に負担がかかっているため数カ月後にはこの使用感が劣り、使用者は自らの肌の衰えにより、肌に合わなくなったと思うことになる。

 本当に生命体細胞に良いものは、長期使用が可能で常に改善や安定をたどるものであると考えられる。





美肌・美身体探求
輝き透きとおる美しい素肌づくりは永遠の課題

これは、身性または男性においても、そして化粧品メー力―の永遠の課題である。今日までに、アロエ・オリーブ油・スクワラン・シルク、様々なものが美肌づくりに語られてきた。それらのどの部分がどのように‥・いかにして美肌づくりに貢献するのか・・・ということをイージ図として私達は宜伝媒体で目にしてきた。そして、「バリアゾーン」という存在をいかにして、通過・浸透させられるか・・・を現在もなお、化粧品メーカーは開発のポイントとして苦戦している。

肌本来のはたらきに何が必要なのか、身体の細胞は何を求めているのか。
頭打ちをしている実務化学の世界も、ここで人の科学力を前提とせず、細胞由身に問いかけてみるべきである。

答えは明確に現れてくる。すべては「水」を解くことで答えが湧き出てくる。

今日まで語られ、使用されてきた美肌づくり成分は、すべてその成分が肌細胞に必要な訳ではない。いかにして肌細胞に負担をかけずに肌を保水するか、いかに水をとどまらせるかの手段に過ぎない。

ひとつひとつ解読してみよう。
1.アロエなどの美肌有効性を語る植物エキス
1)ビタミンB2(リボフラビン)・ビタミンB12(コバラミン)ビタミンB13(オロチン酸)
    *胎肪・炭水化物・タンパク質の代謝を助ける。
2)ビタミンE(トコフエロール)
    *酸化を防いで細胞の老化を遅らせる。
3)ミネラル ヨウ素
    *すべての細胞の代謝をコントロ叶ルする。

○植物エキス内では上記の主要3要素が肌細胞に有効性を示す物質である。
○上記3要素が植物内で充分に存在できる植物には、その成分を安定させるために、他の成分も強く(多く)認められる。これらの成分は、肌細胞にとっては、代謝に大きなエネルギーを必要とするものが多く、たまり続けると細胞膜を傷め、害をおよぼすことになる。
     単純に各種植物エキスを農縮し、はたらきを強めるとこの相反する
     物質成分の存在により結果的には肌には害をおよぽすことになる。

2.人の肌の皮脂に最も近い「油成分」の捜索
  オリーブ油・スクワラン・シルク・馬油など
精妙な人体細胞の構造から、生成される皮脂成分は現代最新の化学力をもちいても創り出すことは不可能である。
自然・天然のものと考えると、人の皮膚に近く精妙なものほど酸化しやすいものになる。また、酸化しにくいものと考えると、人の皮膚からは遠ざかることになる。そして、植物エキスよりも入りにくく、皮膚の強固なバリアゾーンの通過が難点となり、いかにして、とどまらせるかに化学合成剤が必要とされるのである。

なぜ、人の肌を美しく贅えるには、植物エキスが有効なのか・・?
なぜ、油成分の補給が必要となるのか?

1.前記にまとめた植物成分の有効性はなぜ?
  最新の皮膚化学において、ケイ素Siの保有率が皮膚の保湿に大いに関係していることが研究で明らかになってきている。そして、研究論文発表からは、ケイ素Siが結合組織のムコ多糖類−タンパク質複合体に関係していることが示されている。
1)ケイ素は結合組織の構造的要素である。
2)ケイ素は人間の正常な発達にとって必須である。
3)有機ケイ素は細胞代謝と分裂を正常化する。
ケイ素は生物学的架橋剤として機能し、結合組織の構築と弾力性に寄与していると結論づけられている。

三要素の植物成分の有効性は、この生物学的架橋剤といえるケイ素をいかにして、植物成分より肌細胞に取り入れるか・・・であったことがわかってくる。
 ○ケイ素はある種のグルコサミノグリカンおよびポリウロナイドの構造成分である。
 ○多糖類マトリックスにしっかりと結合したケイ素が臍由来の純粋なヒアルロン酸、コンドロイチン4硫酸、デルマタン硫酸及びヘバラン硫酸中に検出されている。
 ○多量の結合ケイ素(透析できない)がペクチン及びアルギン酸中に存在している。

そして、ケイ素は細胞増穂に対する細胞刺激剤及び細胞調整剤といえる。Bリンパ球及びTリンパ球を活性化し、常に増殖しているリンパ芽球細胞増姫を阻害する。これらの観察結果を基にして、皮膚組織におけるケイ素の減少は、皮膚組織の破壊とその結果起こる皮膚の老化と密接に関係しているとの結論に達している。

フレゲランスジャーナル 2000年11月号記事から一部抜粋

私達の研究開発において、生体水の整理から水に活力を与え、安定させることができる最も優れた物質は、純度の高いケイ素Siであることが実験的に明らかになってきた。また、今日最先端テクノロジーの研究者の中で水中のケイ素Siの存在が水の安定性に大きく寄与していることが語られ出されている。

生物学的架橋剤といえるケイ素の存在により、H2O水分子が安定することで、物質成分の酸化現象が防がれていることも明らかになってくる。

2.油成分補給がなぜ有効なのか。
   これは化粧品開発社では明確にされている。
   いかにして、肌に負担をかけずに肌に油皮膜をつくり、“保水”させるか‥・ということにつきる。
   ここでも“水”なのである。

最新の細胞学では、遺伝子(アミノ酸・タンパク質類すべて)さえも“水”の存在がなければ、その機鍍を発現・修復できないこともあきらかになっている。

結論として
  バリアゾーンを入れない=生体が必要としない水の世界のみで、この肌細胞を潤わせ保水できることが可能になれば・・・。
  そして、本来の“生体水に近い水”というものが存在するなら・‥。

  生体に必要な物質は、すべて生体内で作られていることを知ることが、健康な生体を考える上で最重要ポイントになる。生体システム構造は良質な水の補給ですべては改善され、良質有効成分が体内で増産されるシステムになっている。このことを熟知すれば、すべての皮膚化学を解決できることになるであろう。

注意:「肌に潰透性を示す水」の中には、強い電位差をもちいたものがあり、この水を使用し続けると、細胞膜破壊が起こり、ある時点から肌荒れをすることになる。





お問い合わせ、御注文はメールでどうぞ